遺品整理を依頼するメリットと注意点、選び方とは

subpage01

超高齢者社会を迎えた日本では、今孤独死や空き家問題に注目が集まっています。


突然の近親者の死で、遺品整理に直面する方も多いことでしょう。
遠方で一人暮らしをしていた親御さんの突然の死でなかなか駆けつけられない場合や、生前の暮らしを把握していないために遺品の扱いに悩むこともあるでしょう。
残された家にその後住む人がいないと、空き家となって犯罪や事故に結びつきやすいため、家具や持ち物を整理してから取り壊しをしなければならない場合もあります。

ご自分で遺品を整理をする場合のメリットは、何といっても費用を低価格に抑えられることですが、時間をかけて自分自身の心の整理をすることが出来るのも大きいでしょう。
他人が介入しないのでそれが原因のトラブルになることもありません。


問題点は、時間と手間がかかることを始めとして、気持ちの整理がつかない場合に思い出が蘇って辛くなったり、品物が大量にある場合は一つ一つの処分や運搬に費用がかさむ場合があることです。遺品整理を業者に依頼する場合には、面倒な問題を一括でお任せしてしまえることが最大のメリットですが、費用がかかり、遺品を丁寧に扱ってもらえなかったり、分類を間違って捨てて欲しくないものを処分されたりしてトラブルになることがあります。
また後から追加料金を請求されることもあります。こうした問題を防ぐために、業者を選ぶ際は事前に細かい点も確認することをお勧めします。
ネットで業者の評判や口コミを調べて、複数の業者を比較してみましょう。

ちょっとした変更も快く受け付けてくれる業者を選びましょう。それでは業者を選ぶポイントについて見ていきましょう。
遺品整理士には国家資格は存在していませんが、民間資格がありますので確認してみましょう。


一般家庭の遺品を処理する際には「一般廃棄物収集運搬業許可」が必要となります。他に「産業廃棄物収集運搬業許可」というものもありますが一般家庭向けではありませんので、これをウリにしている業者には注意が必要です。不用品や中古品を査定して買取をするには「古物商の許可」も無くてはなりません。

また冷蔵庫、エアコンなどの家電は家電リサイクル法に乗っ取って処理することが決まっています。

このためリサイクル料金を請求されるはずで、これが無い場合は荷物を不法投棄したり違法な処分をしている可能性がありますので注意しましょう。

自分自身が一緒に遺品整理に加われるかどうかも業者を見分けるポイントになります。


スピード重視ですべてがマニュアル化されている業者では心に寄り添った遺品整理は期待できません。
聞き取り調査をした担当者自身が作業してくれるのが最も望ましい形ですので、大人数での作業をする業者は流れ作業で整理を行いがちで、当然トラブルの原因になりやすいです。

ただ家をカラにすればいいというものではありません。

事前に相談にしっかり応じてくれる信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

有望な神戸の遺品整理の情報をあなたにご紹介いたします。

今探すならこちらの東京で納骨堂なら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

桑名の家族葬に対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

東京の永代供養のお役立ち情報はこちらのサイトです。

東京で永代供養墓情報を厳選して紹介します。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016120601001897.html

http://top.tsite.jp/news/buzz/o/30531507/



関連リンク

subpage02














日本の葬儀の歴史と現状

葬儀は、一般的には10万年前にネアンデルタール人がイラク北部のシャニダール洞窟に仲間の遺体を葬ったのが世界最古とされますが、現在では43万年前に化石人類シマ・デ・ロス・ウエソスがスペインのアタプエルカに葬ったのが世界最古とされています。日本では、神代の時代を記した古事記によれば、葦原中国平定時に高皇産霊の矢に当たって亡くなった天若日子の為に父である天津国玉神が降臨し喪屋を建てて八日八夜の殯を行ったとされ、1924年に制定された皇室葬儀令に従って現在も皇室では殯が行われています。...

NEXT
subpage03














最近注目を集めている永代供養とは

後を継いでくれる子供がいない人の中には、お墓の管理をどうするかで悩んでいるという方も少なくはないようです。永代供養は、その名前の通り永い年月に渡って供養するという意味であり、お墓を継いでくれる子供がいないときにお寺が管理をして供養をしてくれるというものです。...

NEXT